Lenovo ThinkAgile MX 認定ノードDatasheet

Updated
1 Jun 2020
Form Number
DS0058
PDF size
4 pages, 405 KB

Azure Stack HCI ソリューションを容易に

ビジネスを加速させる

お客様は、老朽化するインフラストラクチャーをモダナイズするために、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーをますます好むようになっているようです。ハイブリッド・アプローチを選択すると、特定のワークロードをクラウドに移行しながら、他のワークロードを社内に残すことが可能になります。Azure Stack HCI は、オンプレミスでワークロードを実行し、バックアップ、サイト復旧、ストレージ、クラウドベースの監視等のハイブリッド機能を容易に実現したいとお望みのお客様に最適な Microsoft の HCI ソリューションです。

Azure Stack HCI は Microsoft Windows Server Software Defined (WSSD)プログラムを元にビルドされ、Storage Spaces Direct ソリューションの認定パスを提供します。Lenovo ThinkAgile MX 認定ノードは、Microsoft Windows Server 2019 Datacenter Editionに含まれる Storage Spaces Direct テクノロジーと業界最先端の Lenovo サーバーを組み合わせて、お客様のインフラストラクチャー・ソリューション構築のための HCI ビルディング・ブロックを提供します。

ThinkAgile MX 認定ノードは認定ハードウェア・コンポーネントで構築されており、これによって企業は迅速かつ容易にソリューションを展開できます。

主なメリット

  • 簡素性:Lenovo XClarity エクステンションは、Microsoft の Windows アドミンセンターとの緊密な結び付きにより、インフラストラクチャー、仮想マシン、ソフトウェア、ハードウェアを問わず、一本化された一元管理のシンプルな管理エクスペリエンスを提供します。
  • 柔軟性: ThinkAgile MX ノードは、インフラストラクチャーをカスタマイズする柔軟性を最大限に提供するために、幅広い選択肢のプロセッサー、メモリー、ストレージが用意されています。
  • 価値創出の迅速化:従来型の IT では、ソリューションの設計、テスト、実装、その後のメンテナンスという流れで、相当の時間と労力が費やされます。HCI の登場により、この時間と労力がかかる領域をソリューション プロバイダーが担うようになりました。Microsoft は、ストレージの課題を解決する S2D と、堅牢で実効性のあるプラットフォームを実現する Azure Stack HCI ソリューションを開発しました。

Lenovo は、ThinkAgile MX 認定ノードの設計、テスト、検証を手掛け、今日の IT に求められる厳しい要件をも超えて、お客様が必要とするソリューションを素早く、容易に、高い信頼性で提供しています。これにより、お客様は堅牢で高性能の HCI ソリューションを素早く導入し、IT の課題を迅速に解決することができます。

高性能ストレージ

ハイパーコンバージド・ストレージは、多階層ストレージの利用により、優れたパフォーマンスを実現します。特に、NVMeと高速ソリッド・ステート・ドライブ (SSD) で構成される「キャッシュ」階層の使用により、ストレージのアクセスが加速されます。

さらに、Microsoft Azure Stack HCI ソリューションを利用することで、RDMA (リモート・ダイレクト・メモリ・アクセス) により、さらなる高速化が実現します。RDMA により、システム環境の I/O 性能が倍増近くまで高まり、卓越したパフォーマンスが提供されます。

信頼性:Lenovo サーバーで装備

ThinkSystem SR650 2U サーバー・ノードは、Microsoft WSSD ソリューションに最適なハードウェア・プラットフォームです。強力な Intel® Xeon® スケーラブル・プロセッサーが 2 基搭載され、大容量の内部ストレージとメモリ、多数の I/O スロットも装備されており、Microsoft WSSD ソリューションにとって最適の基盤となります。

Microsoft WSSD ソリューションに使用する SR650 は、SSD または NVMe SSD 4 台の高性能キャッシュ階層と HDD 10 台の容量階層を備え、ミラー化されたブートドライブ 2 台からなる高密度ストレージ構成です。

また、ThinkAgile MX は、NVMe 4 台の高性能キャッシュ層と SSD 20台の容量階層を備えた、オールフラッシュ環境も提供するようになりました。最小 2 つのノードから始めることができ、最大 16 ノードにまで拡張できます。

SR650 は、データセンターがクラウド環境に求めるパフォーマンス、可用性、容量、品質を提供します。Lenovo ThinkSystem サーバーは、独立機関の顧客調査で信頼性*において一貫して第 1 位の評価をいただいています。

ThinkAgile MX は、ThinkAgile MX1021 として ThinkSystem SE350 をベースとする小型フォーム・ファクターのプラットフォームでもご利用いただけます。小さなフット・プリントと電力効率により、多くのエッジ・ロケーションで信頼性の高いサーバー・クラスのパフォーマンスが可能になります。さらなるメリットとして優れた耐久性と各種マウント・オプションも提供するこれらのサーバーは、限られたスペースしかないロケーションに最適です。

このサーバは温度 0℃ から 55℃ で動作可能です。また、粉塵や振動の多い環境でも動作します。ハーフ幅、浅い奥行きの 1U サーバーは、壁掛け、シェルフにスタック、ラック・マウントなど、あらゆる場所に設置できます。この高性能サーバーは Intel® Xeon-D プロセッサー、最大 8 コア、256GB の DDR4 RAM、および 16TB の内部 M.2 ソリッド・ステート・ストレージを搭載しています。

変革的なサポート

ThinkAgile MX には、インフラストラクチャーのライフサイクル全体をサポートするソフトウェア/サービスの包括的なポートフォリオが含まれています。Lenovo は、計画から導入、サポート、最適化、製品販売終了までのあらゆる段階で、お客様の設備投資を最大限に活かすために必要な専門知識およびサービスを提供します。

Lenovo はお客様が事前に総所有コスト (TCO) 調査を実施して適切な構成を選択するお手伝いをいたします。

Lenovo では IT 担当者の方へ専門知識の習得トレーニングも実施いたします。運用開始後、Predictive Analytics ソフトウェアにより、ストレージ関連やインフラストラクチャー関連の問題が特定され、その多くは管理者が気づく前に解決されます。

寿命になったっときには、データ・リカバリー・サービスをご利用いただけます。 これら上記の利点は、お客様のソリューションに提供される Lenovo のソフトウェア、サービス、サポートのほんの一部に過ぎません。ThinkAgile MX 認定ノードをご利用いただくと、IT 経費をより正確な数字で予算計上、より質の高いサービスレベルを提供でき、その結果、エンドユーザーの満足度を高めることができます。

優れた実用性

ThinkAgile MX 認定ノードには、Windows Server Datacenter 2019 ソフトウェアを含まれています(オプション)。包括的な Windows Server 2019 Datacenter ライセンスは、次のような素晴らしい価値をお客様にもたらします。

  • Storage Spaces Direct (S2D):多数の高性能な回復性オプション、重複除去、圧縮などを備えた Microsoft による最先端のソフトウェア定義ストレージです。
  • Windows Admin Center (WAC): Web ベースの管理ポータルが追加料金なしでソフトウェアに含まれています。WAC は S2D クラスターの展開に使用できます。さらに、Lenovo の XClarity プラグインにより、この単一のインターフェースからハードウェアもソフトウェアも展開することができ、一元管理が実現します。
  • Hyper-V:ライセンスにはハイパーバイザーが含まれており、Hyper-V によってお客様は追加コストなしで VM を何台でも制限なく作成できます。
  • ソフトウェア定義ネットワーク:仮想ネットワーク暗号化、ファイアウォール監査、仮想ネットワーク・ピアリングといった機能により、Azure Stack HCI で一段とセキュアなソフトウェア定義ネットワークのメリットが得られます。

Lenovo と Microsoft の関係

エンジニアリング組織の共同設置や相互技術協力の経験を持つ Microsoft 社 と Lenovo 社は、両社の製品を組み合わせたデータセンターの革新的ソリューションを継続的に提供しています。信頼性、顧客満足度、性能における Lenovo のリーダーシップと、ソフトウェア/クラウド・サービスにおける Microsoft のリーダーシップとの融合により、両社は共にお客様に対して、革新的なデータセンター・ソリューションと TCO 削減を提供し続けています。

ThinkAgile MX 認定ノード

Microsoft Azure Stack HCI ソリューション向けの柔軟な構成要素

製品仕様

モデル名 ThinkAgile MX 認定ノード – SR650
フォーム・ファクター 2U
セグメント ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー - Storage Spaces Direct 向け Microsoft Azure Stack HCI ソリューション
プロセッサー 2 基の第 2 世代インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー (8~28 コア)
メモリー (TruDDR4) 最大 1.5 TB (最大 24 スロット)
ネットワーク Mellanox (RoCE) または Cavium (iWARP) 10 GbE/25 GbE アダプタ、推奨 25 GbE
ドライブ・ベイ数 3.5 型 x 14台、2.5 型 x 24台
ストレージ・オプション - 容量階層

HDD × 4~10 台:4TB、6TB、8TB、10TB、12TB

4~20 台 の SSD:3.84TB

キャッシュ階層 2~4 台 の SSD またはホットプラグ対応 NVMe:800 GB/1.6TB SSD、1.6TB/3.2TB/6.4TB NVMe
システム管理 オプション:Lenovo XClarity によるハードウェア管理、Microsoft Windows 管理センターによるリソース管理
ライセンス・オプション Microsoft Windows Server 2016 および 2019 (Datacenter バージョン) に付属
サポート その他の地域では標準ハードウェア・サポート

詳細情報

ThinkAgile MX 認定ノードの詳細については、Lenovo の担当者またはビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、lenovo.com/thinkagile をご覧ください。詳細な仕様については、ThinkAgile MX 製品ガイドをご覧ください。

keep English
Lenovo ストレージの詳細(英語):
lenovo.com/systems/storage
keep English
Lenovo Services の詳細(英語):
lenovo.com/systems/services

* ITIC Global Reliability Study、lenovopress.com/lp1117

Related product families

Product families related to this document are the following:

© 2020 Lenovo.All rights reserved.
提供について:製品、価格、仕様、可用性は予告なしに変更される可能性があります。●Lenovo は写真の誤りまたは誤植に対する責任を負いません。 ●Lenovoは他社製品およびサービスに関して一切の保証責任を負いません。保証:該当する保証については、書面にて下記宛先にお送りください。Lenovo Warranty Information, 1009 Think Place, Morrisville, NC, 27560。 Lenovoは、サードパーティの製品またはサービスに関していかなる表明も保証もいたしません。

商標: Lenovo、Lenovo ロゴ、ThinkAgile、ThinkSystem、TruDDR4、および XClarity® は Lenovo の商標または登録商標です。 Intel® および Xeon® は Intel Corporation またはその子会社の米国および他の国における商標または登録商標です。 Azure®、Hyper-V®、Microsoft®、 Windows Server®、および Windows® は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。 keep English

Document number DS0058, published June 1, 2020.最新版は lenovopress.com/ds0058 をご覧ください。

ThinkAgile (Secondary) Intel Xeon Platinum Inside